ゼファルリン(Zephylrin)に含まれる滋養強壮成分の一覧

3197d6ef5150cdea266691d37b44057c_m2
このページでは、ペニス増大サプリメントのゼファルリンに含まれている成分について解説しています。ゼファルリンは L-トリプトファンを主成分とする「タブレット」と、L-シトルリンを主成分とする「カプセル」の2種類に分かれています。

サプリメントは栄養補助食品ですから、基本的にはいつどのようなタイミングで飲んでも問題ないと思いますが、一応 サポートセンターに理想的な飲用のタイミングを質問 したところ、ゼファルリンTabletは就寝前に、ゼファルリンCupsuleは朝食後に飲用するのがオススメですという回答をもらいました。

L-トリプトファンは、睡眠ホルモンともいわれるメラトニンの生成に欠かせないアミノ酸ですので、夜寝る前に飲むのがベストというのも納得です。一方タブレットの主成分であるL-シトルリンには、一酸化窒素(NO:エヌオー)の生産による血管拡張の効果がありますので、活動的な日中に飲むのが良いのでしょうね。

関連記事
ゼファルリン(zephylrin)の購入はこちらからどうぞ

ゼファルリン Tablet に含まれる成分

zephylrin_027-2
ゼファルリンタブレットは、L-トリプトファン含有加工食品です。
飲むタイミングのお勧めは「就寝前」。

原材料名 成分の説明、作用・効果効能・薬効など
セルロース 植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。
ステアリン酸Ca 粉体の流動性向上や固結防止剤として使用される。同様に食品添加物として、滑剤、離型剤、増粘安定剤、固結防止剤あるいはフレーバー付与補助剤として使用される。
L-トリプトファン 蛋白質構成アミノ酸で、必須アミノ酸の一つである。セロトニン・メラトニンといったホルモン、キヌレニン等生体色素などの前駆体として重要。代謝は極めて多様で複雑である。
L-イソロイシン 疎水性アミノ酸に分類される。タンパク質構成アミノ酸の1つで、必須アミノ酸である。
L-ロイシン ヒトはロイシンを合成できないため、必須アミノ酸の1つに数えられる。幼児では生長、成人では窒素平衡に必須である。タンパク質の生成・分解を調整することによって筋肉の維持に関与する。
L-バリン 20のタンパク質を構成するアミノ酸のうちの1つで、必須アミノ酸である。
ビタミンB2 脂肪、炭水化物および蛋白質の代謝や呼吸、赤血球の形成、抗体の生産、正常な発育に必要とされる。成長因子 (growth factor) として知られていたことからビタミンGと呼ばれたこともある。
ビタミンB6 アミノ酸の代謝や神経伝達に用いられ、不足すると痙攣やてんかん発作、貧血などの症状を生じる。
ビタミンE 医薬品、食品、飼料などに疾病の治療、栄養の補給、食品添加物の酸化防止剤として広く利用されている。抗酸化物質としての役割は、代謝によって生じるフリーラジカルから細胞を守ることである。
シェラック カイガラムシの分泌する虫体被覆物を精製して得られる樹脂状の物質。医薬品の錠剤、錠剤状のチョコレートなどの食品のコーティング材として用いられる。
デキストリン 低分子量の炭水化物の総称。粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられている。人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされる。
還元麦芽糖水飴 麦芽糖に水素を付加して糖アルコールにした甘味料であり、水飴ではない。
アカガウクルア末 タイのメコン川流域に生息している植物で古くから強壮剤として利用されてきた。天然のバイアグラとも呼ばれている。別名ソフォン。
ムクナエキス末 主成分であるL-ドーパは神経伝達物質である、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの前駆体であり、運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。日本名はハッショウマメ(八升豆)。
エゾウコギ末 ウコギ科の落葉低木で、薬用植物。滋養強壮、抗ストレス作用があるとされる。また、反射神経、持久力、集中力を高め運動能力を向上させる作用があるとされる。 鬱病にも効果があるとされる。
アムラ乾燥エキス 果実はインドで古くから食用・薬用に利用されている。ビタミンCを豊富に含むアーユルヴェーダにて使用されるハーブの一つで、生命を活性化させ、活力を取り戻す果実といわれる。
雪蓮花エキス末 中国・チベットの高地に生息する菊科の多年草。高級薬材として知られ、腎虚(性欲・精力の減衰)の特効薬として世界的にも注目されている。
ノコギリヤシ種子エキス末 果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。
ボスウェリア抽出物 中医薬・漢方薬としても用いられ、鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急の緩和といった効能があるとされる。
ワイルドヤムエキス末 アメリカに生育する山芋の一種。根にはサポニンが豊富に含まれる。
ブドウ種子抽出物 ポリフェノールの一種で、強い抗酸化力を持つプロアントシアニジンが含まれる。更年期障害に効果があるとされる。
黒胡椒抽出物 効能としては消化不良、嘔吐、下痢、腹痛などの症状に対して、また抗がん作用、抗酸化作用もあるとされる。他の成分の吸収率を高めるなどの効果、一緒に摂取した医薬品の作用を増強することも報告されている。
メチルスルフォニルメタン 天然の硫黄化合物でさまざまな物質に弾力を与える働きがある。良質なコラーゲンの生成に欠かせない成分とされる。MSMとも呼ばれる。
キャッツクロ-末 中央ペルー・アマゾンの先住民族が、伝承薬としていたもの。 インカ時代から、関節炎やリウマチの治療に使われてきた薬草である。
トッカントアリエキス末 マレーシアの熱帯雨林に生息するニガキ科植物。男性ホルモンであるテストステロンを増加させる働きがあるといわれる。
スーマ(パフィア)エキス末 ブラジル地方に生息するヒユ科のハーブ。滋養強壮やエネルギー源として根の部分が用いられる。別名ブラジル人参。
大棗(たいそう)抽出物 ナツメの果実を乾燥させた生薬。葛根湯、甘麦大棗湯などの漢方薬にも配合され、強壮作用・鎮静作用があるとされる。
ヒハツ抽出物 アーユルヴェーダの書物ではヒハツは最も強力な薬草の一つに数えられ、長寿を促すものとされている。果実はスパイスとしても利用される。
ニーム葉エキス末 インドやスリランカで感染症や生活習慣病の予防に使われる万能の薬木。日本名はインドセンダン。


ゼファルリン Cupsule に含まれる成分

zephylrin_026-2
ゼファルリンカプセルは、L-シトルリン含有加工食品です。
飲むタイミングのお勧めは「朝食後」。

関連記事
Lシトルリンの効果と副作用|ペニス増大に必要な摂取量は?

原材料名 成分の説明、作用・効果効能・薬効など
デキストリン 低分子量の炭水化物の総称。粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられている。人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされる。
ゼラチン(被膜) 動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え、抽出したもの。
L-シトルリン 1930年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種。血管を拡張し、血流を促進する効果がある一酸化窒素(NO)の生成を高める作用があるとされる。むくみや冷えの解消、動脈硬化の予防にも良いといわれる。
L-オルニチン酸塩酸 オルニチンは成長ホルモン誘導体である。成長ホルモンには成長に関する作用と代謝をコントロールする作用がある。
まむし末 マムシの皮を取り去り乾燥させたものを、反鼻(はんぴ)と呼び、漢方薬として滋養強壮などの目的で用いる。また、胆嚢を乾燥したものは蛇胆(じゃたん(通称じゃったん))と呼ばれ、反鼻よりも滋養強壮効果が高いとされる。
蜂の子FD末 蜂の幼虫やサナギ。タンパク質が豊富で、ヒトの体内で合成できない必須アミノ酸を含み、国最古の薬学書「神農本草経」では上薬とされている。
すっぽん末 DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸をはじめ、必須アミノ酸やカルシウム、鉄分やビタミン類を含み、滋養強壮の食材とされている。漢方にも用いられる。
有機マカ粉末 南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。根は薬用ハーブとして使われる。ビタミンやミネラル、必須アミノ酸を含み、滋養強壮の効果があるとされる。
亜鉛含有酵母 ミネラルを酵母培養段階で取り込ませ、吸収性や安全性を向上させたもの。亜鉛の含有量が高いミネラル食品。
朝鮮人参末 主要な薬用部位は根で有用成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから服用されてきた。漢方の薬効を強める働きがあるともいわれる。別名は高麗人参。
冬虫夏草菌糸体 ガの仲間に寄生するキノコの一種。中医学・漢方の生薬や、薬膳料理・中華料理などの素材として用いられる。生薬として健肺、強壮効果、抗がん効果があるとも言われる。
ガラナ末 ムクロジ科ガラナ属のつる植物。原産地はアマゾン川流域。抽出したエキスは疲労回復や滋養強壮に用いられる。
牡蠣エキス末 薬理作用として、かき肉には血糖低下(カキ身エキス)、免疫増強作用(中性多糖類)、牡蠣制酸などの作用があるとされる。
田七人参末 止血作用と活血(血液循環の改善)作用という、一見相反する性質を併せ持つ。 また、抗ウイルス作用、抗コレステロール作用、抗腫瘍作用があるとされるため、虚血性心疾患や肝炎の初期治療薬として有望視される。
ローヤルゼリー末 ミツバチの若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する乳白色のクリーム状の物質。ビタミンB(パントテン酸〔B5〕やピリドキシン〔B6〕)などが含まれる。
さけ白子抽出物 白子(しらこ)は、主に魚類の精巣を食材とする際の呼び名。DNAやプロタミンの抽出材料として利用され、核酸系調味料、強化剤、保存料、工業原料などにも利用されている。
ウコン末 ショウガ科ウコン属の多年草。ヒトの消化系・肝臓の症状改善や、利胆(胆汁の分泌を促進)、健胃などの薬効がある。
ガジュッツ末 ショウガ科ウコン属の1種の多年草。別名は紫ウコン。根茎が生薬(日本薬局方に収録)として用いられ芳香健胃作用がある。ウコンよりも薬効は強いとされる。
ブラックカラントエキス末 小さな食用の果実をつける温帯性の落葉低木。別名カシス。果実はビタミンCやアントシアニンが豊富。
豚睾丸エキス末 ブタの精巣。俗称は金玉。食べると精が付くと言われ、実際に疲労回復、免疫力向上、記憶の改善、新陳代謝の促進、老化防止、美容などの効果があるという研究報告がある。
ブドウレスベラトロール 抗酸化作用を持つブドウ由来のポリフェノール。実験動物を用いた研究では、寿命延長・抗炎症・抗癌・認知症予防・放射線による障害の抑止・血糖降下、脂肪の合成や蓄積に関わる酵素の抑制などの効果が報告されている。
クロム含有酵母 クロムは原子番号24の元素。元素記号は Cr。クロムが体内で不足すると、糖代謝の異常が起こり糖尿病の発症に至る可能性があることが明らかにされている。
ラカンカ末 ウリ科ラカンカ属の多年生つる植物。中国においては、経験的に喉や肺を潤し、鎮咳作用があることが知られており、日本においてものど飴に抽出物を添加しているものがある。また、便秘解消の効果もあるとされる。
イチョウ葉抽出物 フラボノイド、テルペノイド、ビロバライド、ギンコライド、ギンコール酸などが含まれる。ドイツでは規格を満たすイチョウ葉エキスが医薬品として認証されている。
セルロース 植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。
ステアリン酸Ca 粉体の流動性向上や固結防止剤として使用される。同様に食品添加物として、滑剤、離型剤、増粘安定剤、固結防止剤あるいはフレーバー付与補助剤として使用される。
L-アルギニン アミノ酸のひとつ。免疫反応の活性化、細胞増殖促進し、コラーゲン生成促進などにより、創傷や褥瘡の治癒を促す。
L-アスパラギン酸ナトリウム L体のアスパラギン酸は蛋白質を構成するアミノ酸のひとつ。非必須アミノ酸で、グリコーゲン生産性を持つ。うま味成分のひとつ。
L-リジン タンパク質構成アミノ酸で、必須アミノ酸である。ヘルペスの予防にも利用される。

参考ウィキペディア(Wikipedia)

ゼファルリン(zephylrin)はサプリメントです。
医薬品ではありませんので、ゼファルリンの薬効であるとか有効成分という表現は問題があるかと思いますが、サプリメントに含まれているそれぞれの成分には、薬理作用があったり、効果・効能が認められているものがたくさんあるようです。

なお成分の説明については、おもにウィキペディアの記事を参考にさせていただきました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です