チン長何センチ?ちん活のペニス測定方法は「見た目の長さ」

08fb7cf6a6370f82890a6dc6b1fd6df2_s2

ペニスサイズの測り方・計測のルール

これから様々な増大法を実践し、ペニスのサイズを測定していくにあたって、
当ブログ「ちん活」における 測り方のルール を決めたいと思います。

人が測るものですから、ある程度の誤差は仕方がないと思いますが、たとえば立って測るのと、座って測るのとでは結果は全然違いますし、定規を押し付けるかどうかでも変わってきますからね。

陰茎の上部を恥骨に押し付けて測るのが「医学的な長さ」

ちなみに定規をぐーっと恥骨に押し付ける、というのが医学的なペニスの長さなんだそうですが、セックスするときに重要なのは当然外に出ている部分です。
腹に埋もれたところは結局挿入できませんから。

それに一般的にデカい小さいを判断するのは、やはり目に見える部分のサイズだと思いますので、当ブログでは「見た目の長さ」を計測していこうと思います。

やり方としては立った姿勢でペニスを勃起させ、ペニスは床と水平に。
ペニスの上側にメジャーを当て、恥骨には押し付けない。
この方法でいきます。

水平にしたペニスの上側を測定する方法(見た目の長さ)

length1s

まっすぐに立ち、ペニスを床と水平にして上側(陰茎背面)の根元から先端までの長さ。定規は軽く根元に当てるだけで、押し付けない。

いちばん一般的な測り方です。見た目の長さを測る方法です。
皮下脂肪が厚いと短く測定されることになります。
参考ペニスの大きさの測定方法

ペニスの測定法を決めるにあたっては、上記ページを参考にさせていただきました。
医学的な測り方である恥骨押しつけよりも、おそらく1~2cm程度短くなると思いますが、
やはり「見た目」が大事です。

それから銭湯などの公衆浴場を想定すると、勃起した時のサイズはもちろんのこと、
平常時もサイズアップできるのなら、それに越したことはありません。
これらを踏まえ、ちん活では以下の「5点」を測定していきます。

ちん活で測定するペニスの部位

  1. 平常時の長さ
  2. 勃起時の長さ
  3. 勃起時の亀頭の太さ(横幅)
  4. 勃起時の陰茎の太さ(横幅)
  5. 勃起時の陰茎の周囲

関連記事
ちん活マスターの初期のペニススペックはこちら

日本人の平均チン長は何センチなのか?

街行く男性を捕まえて、チンコをフル勃起させてもらって、その長さを測る・・・なんてことは現実的には不可能ですよね。

そうするとよく言われる「平均ちん長」というのも、いったいどうやって導き出したのか疑問ではありますが、かりにアンケート等による本人の自己評価だったとして、測定方法によってチン長なんて全然変わっちゃうわけですから、そう考えると平均チン長ってそんなに信頼できる数値じゃないのかなという気もします。

「ペニスの長さ」は計測方法で変わる

ちょっと試してみてほしいんですけど、勃起したペニスって「座った状態」で測った方が長くなると思うんですよ。おそらく「立った状態」で測るよりも1~2cmは余裕で長くなります。

それから当然ですけど、恥骨結合部まで定規を強く押し付けて測定する「医学的な長さ」の方が、「見た目の長さ」よりも長くなります。これは太ってるとか痩せてるとか、お腹の脂肪の付き具合にもよると思いますけど、こっちも数センチは変わってきます。

すると、俺は勃起したら16cmはあるよ、とかいってる人が、立った姿勢で恥骨に押し付け無しの見た目の長さを計測したら、じつは13cmだったとか、逆に11cmしかないと思い込んでいたけど、医学的な長さは14cmはあったとか、そういうことがまま起こりうると思うんですね。

自分なりの測り方のルールを決める

で、結局何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが(笑)、よく言われる日本人の平均チン長とかいうのも、13センチって言っているところもあれば15センチっていってるところもあるし、12センチというところもあって、どれが正しいのかよく分からないですし、そもそも測定の仕方によっても全然値が変わってしまうわけですから、まずは自分なりの測り方のルールを決める、というのが大事だと思うんですね。

ペニス増大は『自己満』です

あと、ペニス増大とかって、もう完全な自己満足じゃないですか。
今よりも少しでもおちんちんと大きくして、コンプレックスを解消したい。

彼女や奥さんや愛人やパートナーに、SEXした相手に、「おっきぃ!」といわれたい、「奥まで当たるぅ!!」といわれたい、「スゴイぃぃぃ!!!」とか言われたい、ただそれだけじゃないですか。(※すみません、興奮してしまいました。)

おちんちんは「男の象徴」だし「自信の源」にもなる

いま「ただそれだけ」といいましたけど、この「それだけ」のことが結構重要で、ほんの数センチの違いがエッチした時の女性のリアクションを変えることもあるだろうし、チンコがデカいというだけで、仕事にもプライベートでも女性関係でもなぜか自信が付く、男にとって「おちんちん」はそういうものだと思うのです。

やっぱ象徴なんですよね。オスとしての。

かりに今より2cmでも大きくなれば、世界は変わると思います。
でもサプリを飲んだりチントレしてもすぐにペニスが成長するわけではないですし、日々の変化はミリ(mm)とか、それ以下の単位かも知れませんが、チャレンジする価値はあります。

「チンコを大きくする」というテーマにまじめに取り組む

おっさんと言われる年齢まで人生を生きてきて(自分ではまだまだ若いと思ってます 笑)、これまで何度となく脳裏に描いてきた「もっとチンコがデカくなったらいいのにな・・・」という願望、これまでは「ただ思い描くだけ」だったこの願望(あこがれ)に、真正面から向き合ってみよう!そう思ったのがこのブログを作ったきっかけです。

なんとなく、大きくなったらいいな・・・ではなくて、真剣にペニス増大に取り組んでみようと「決意」したのです。自分で納得いくまで取り組めば、結果はともあれ満足できると思うので。

ちん活で「ウソの増大報告」をすることはありません

ですのでこのブログでは、本当は変わってないのに「3cmも大きくなりました!」とか、ウソの報告をすることはありません。そんな虚偽の報告をしたところで一番悲しくなるのはわたし自身ですから。

ということで完全にコンテンツの方向性を見失ってきたので、この辺で無理やり締めたいと思いますが、ペニス増大は自己満です。1センチでも5ミリでも、たとえ1ミリでも、今よりホンの少しでも息子のサイズが大きくなるように頑張っていこうと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です